MR認定試験

『MR認定試験』の関連文章

YAKUZEMI TOTAL LEARNING

『MR認定試験』のブログ

MR(医薬情報担当者)現代気質
MR(医薬情報担当者)現代気質
「MR」は別名:医薬情報担当者である。
我々の先輩方の時代は「プロパー」と言われていた。

『MR認定試験』の質問サイト

MR(医薬情報担当者)とMS(医薬品卸販売担当者)とでは、お給料や待遇の差が大きいと聞いたのですが、実際にどの位の差があるのでしょうか? お仕事的には、どちらも大変な業務・業界だと思う のですが。 たまたま、同時期にMRをされてる方とMSをされてる方と知り合いになり疑問に思ったので質問させて頂きました。 現役の方や家族の方など詳しい方、教えてください。 自分でも調べてみたのですが、MRのお仕事は、いい事が沢山書いてる事に対してMSのお仕事は、いい事が書いてないもので。
抽象的な表現をしてみると、仮にMRとMS別々の10段の階段があるとイメージしてください。 で、MR階段の5番目がMS階段の10段目にあたる、、、そんなイメージです。 当然会社の規模により待遇は違いますが、特に医薬品卸会社の差は大きいような。メセィセオ、アルフレッサなど全国展開する会社の待遇はそこそこ良いですが、支店長で1000万も無いでしょう。地場卸といわれる、地方会社になると、支店長で5,600万の会社もあります。そのような会社は当然、家賃補助などの福利厚生は少ないです。一方MRになると、エーザイ、武田、第一三共、アステラスのような内資系大手や外資大手はヒラMRでも卸会社支店長レベルの給料です。福利厚生など諸待遇会社間差はありますが卸のそれとはレベルが違います。また、得意先での不幸があった際には、通夜・葬儀の手伝いをさせられたり、雑務が多いのがMSです。 接待行為が厳しく制限されてきた現在、MRはMedical Representative=医薬情報担当者という、本来の意味である自社関連の医薬品情報の提供が中心となってきてます(またはそうでないとMRとして生き残れない)。MS=Medical Specialistが語源で、大手卸には、MSにMR資格を取得させて、コントラクトMR業を検討したり、薬剤提案ができるスーパーMSを育成しようとする会社もありますが、機能してるとはおもいません。 余談をひとつ。 男性MRは配属された地域で結婚パートナーを探すことは容易ですが、地方配属された女性MRだと、相手の年収面から同業者(MR)以外に相手がいない。 事実です。
MR(医薬担当情報者)とは具体的にどんな仕事をする人たちなのですか? MRでの日当はどんな感じで入るのですか? 自分で設定できるんですか? それとも突然頼まれるんですか? どのくらいハードなのですか? だいたい週に休みはどのくらいありますか? MRは薬剤師の資格がなくてもできるんですよね? 資格をもっているひとともっていないひととではやはり待遇が違うのですか? いろいろ聞いてしまいすみません ぜひたくさん教えてください(^^)
簡単に言うと、「製薬メーカーの営業」です。 資格も「薬剤師」とは異なります。 昔は「プロパー」と呼ばれていた製薬メーカーの営業職で、「医療従事者」としての責任や仕事が必要とされるようになったために「MR」と言う制度が作られました。 製薬メーカーの営業の人が、取り扱う薬の情報提供や副作用の報告とかの取りまとめとかを行うことの出来る資格なのですが、 簡単には「自分の会社の薬をフルで営業できるための資格」、と言う感じに考えても良いと思います。 MRは薬剤師と違って「国家資格」ではなく、製薬メーカー業界での「自主認定」です。 無いからといって薬の営業が全く出来ないわけではないのですが、 社内での薬の取り扱いに制限が出たり、病院周りでも無資格の人物単独の訪問を断られたり、社内でのキャリアや昇給とかの待遇に影響する事になります。 あと、試験もそれなりに難しいです。 新入ヒラ社員からキャリアを上げる最初のハードルになるかもしれません。 仕事的には、 担当エリアの病院回りでお医者さんにアポとって面会したり、 売り込みしたり注文取ったり、卸業者と連絡したり、 会議や発表会などをセッティングしたり、参加者に配るためのプレゼン資料作ったり・・・ この辺りは普通の営業職のサラリーマンと余り変わりませんが、 薬の情報や臨床データの取り扱いが有る部分で、医療関係の事や責任が上載せな感じです。 お給料ですが、 初任給の段階から中堅企業のサラリーマンより遥かに高額な金額をもらえるみたいです。 それにMRの資格を取ると能力給で+αされる形です。 後は売り上げや昇進に応じて上下したりする感じです。 20代で手取りで50万軽く超えていくような人もあります。 (更にヤリ手の人だと、他の製薬会社から引抜きのスカウトがある事も有るようです) ただ・・・一般的な会社員より高給取りの分、ノルマもきついですし、 試験の連続や人間関係で精神的に参ったり、それが原因で辞める人は少なからず有るみたいです。 金銭面も、給料の額面だけを見れば確かに高給なのですが、 高額な経費が掛かっても、一旦自腹で払うケースが有ったりするみたいですし、 (本社の承認(コンプライアンスに違反していないかなど)を受けると返金されるが、 実際に返金されるのには期間がかなり掛かる) 相手が病院や医者のそこそこお偉いさんだったりするので、あまり変な身なりではダメなので、服や容姿、教養などに相応のお金を掛ける必要が有ったりで、 「貰うのも貰うが、使うのも使う」 と言う感じになる傾向は有るみたいです… ※以前に勤めていた知り合いの方の話を思い出しながら取りまとめて書いています。 数年前に聞いた事ですので現在は若干違うかもしれません。 「大体の感じ」として読んでいただけると幸いです。

関連語

  1. ウェブデザイン情報局>
  2. カテゴリ1>
  3. MR認定試験