茅ヶ崎 賃貸

『茅ヶ崎 賃貸』の関連文章

茅ヶ崎賃貸,湘南 辻堂 平塚の賃貸専門サイト|エステートデザイン 茅ヶ崎,湘南,辻堂,平塚の賃貸はこちら!【茅ヶ崎賃貸NAVI】は地域に密着した賃貸情報を提供しているサイトです。茅ヶ崎の賃貸のことならおまかせください!

『茅ヶ崎 賃貸』のブログ

ペットが飼える賃貸テラスハウス
築年数 平成10年10月
契約種別 普通型賃貸借契約
契約期間 2年間 更新可能 ※更新時新賃料の1ヶ月分更新料がかかります。

[雑誌]判例時報2245号 自殺物件
大阪高裁平成26年9月18日判決
自殺物件の賃貸借で賃貸人に不法行為責任が認められた裁判例なのですが、賃貸人は某弁護士会所属の弁護士であると事実摘示されています(そして本人訴訟)。
弁護士であることをあえて摘示しなくてはいけないような事実関係では、本来はないように思うのですが、弁護士であることをふまえてしまうと、賃貸人の主張内容や、証言の信用性が思いっきり否定されているさまがアチャーという感じの事件です。

『茅ヶ崎 賃貸』の質問サイト

不動産業者さんに質問です。 マンションの賃貸借契約で、重要事項説明では「抵当権の設定無し」となっていて、それが記載ミスで実際には抵当権がついていた場合は、業者は罰則を与えられますか? 万が一差し押さえになった場合、訴訟なども起こせるのでしょうか?
抵当権について少し間違った回答があるようなので、説明させてもらいます。 平成16年4月1日以降に契約締結している場合、抵当権が実行され競売にかけられ、買受人が所有権を取得した場合は、6ヶ月以内に退去する法的義務があります。しかも、6ヶ月間継続使用する場合、賃料同額を買受人に支払う必要はあり、支払いを怠ると明け渡しの猶予がなくなり、即時に明け渡さなければなりません。 また、敷金は買受人には引き継がれませんので、原状回復費は実費での支払いになります。もし、敷金の返還を求める際は、前所有者に請求するしかありませんが、競売にかけられる人ですから、返還できるような資力はないのが殆どです。 この内容は、平成16年4月1日に民法改正で施行されており、重要事項説明書とは別途書面の交付と説明が義務づけられています。 もし、この書面交付も説明も受けていなければ、業法違反に値しますので県庁等が知れば、何かしらの注意か罰則を受けることになります。当然、賃貸であっても登記簿記載事項の確認は義務ですから、間違えた説明も業法違反です。万一ですが、登記簿を調べないで、契約した後に気付いたら既に差押えになっていたことだって実際にありましたから。
賃借している土地の買い取りについて 数10年来に渡って、賃借している宅地上の自己所有建物に居住しているのですが、この度宅地の所有権者である賃貸人から買い取りの提案がありました。 これまで通り賃貸借契約を結んで居住し続けることで特に不都合はないのですが、いずれは買い取るのが道義上の義務かとも考えているところです。(自己所有地になると固定資産税を支払う必要があることも考慮すれば、このまま賃借し続けるほうが金銭的に見れば圧倒的に得です。) 賃貸人とはそれなりの付き合いもあるので、単純に損得勘定で動くというわけではないのですが、この場合の売買価格というのはどのように決定すればいいでしょうか? 賃貸人も私もこの売買契約で得をする気は無いという考えは合致しているので、お互いに公平な取引になるように決めたいと思っています。 ちなみに、固定資産税評価額が約200万円・固定資産税課税標準額が約130万円、国税庁の財産評価基準書に記載されているこの土地の借地権割合は30%です。 現在、年額2万5千円で賃借しています。 また、登録免許税の負担は折半でいいでしょうか? 取引慣行としては買主が負担する場合も多いようですが、法律上は売主・買主が連帯して負担するとの規定があることと、互いに損得が生じないように公平に処理したいので。 登記に関しては、司法書士は挟まず当事者のみで行うつもりです。
売買価格や税金の負担については、当事者の協議です。 公平に、ということにこだわるなら、やはり専門家の判断が必要でしょう。司法書士のほか、不動産鑑定士、宅建業者などなど。 専門家に第三者として立会人になることを依頼して取引するのがベストだと思います。

関連語

  1. ウェブデザイン情報局>
  2. カテゴリ3>
  3. 茅ヶ崎 賃貸