武蔵浦和 賃貸

『武蔵浦和 賃貸』の関連文章

武蔵浦和の賃貸マンションサイト武蔵浦和の賃貸・マンション情報は創業60年の大和不動産。地域NO.1の管理戸数・情報量で豊富なお部屋をご紹介しており、お客様の理想の住まい探しを全力でサポートしています。

『武蔵浦和 賃貸』のブログ

クイズ:民法14(池袋校・土日クラス)
C BがAの承諾を得てCに転貸していても、AB間の賃貸借契約がABの合意で解除された場合、Aは、その解除をCに対抗することができる。
D BがAの承諾を得てCに転貸している場合、Bの債務不履行を理由にAが賃貸借契約を解除しても、Aは、その解除をCに対抗することはできない。

記事・東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例
6.特約
特約とは、「当事者間の特別の合意・約束」、「特別の条件を付した約束」などを意味し、賃貸借契約の場合には、通常の原状回復義務を超えた負担を、特約として契約書に定めて、借主に課す場合などがあります。
しかし、特約はすべて認められる訳ではありません。

『武蔵浦和 賃貸』の質問サイト

賃貸借契約の解除前に支出した有益費の償還請求に基づく留置権の行使は解除の原因が債務不履行であったとしても防げられない。 上記は賃借料を払ってないから契約を解除されても有益費のため にさらに留置権を行使することができるとの意味ですか?よろしくご教示ください。
賃貸借契約の解除前に支出した有益費の償還請求、というのは、賃貸借が終了するときにするものです。(608条2項) なので、賃貸借が債務不履行で解除されたら、その時に有益費の償還請求ができ、もし払われなかったら、留置権を行使できます。 有益費の償還請求は、賃借人の正当な権利だからです。
賃借している土地の買い取りについて 数10年来に渡って、賃借している宅地上の自己所有建物に居住しているのですが、この度宅地の所有権者である賃貸人から買い取りの提案がありました。 これまで通り賃貸借契約を結んで居住し続けることで特に不都合はないのですが、いずれは買い取るのが道義上の義務かとも考えているところです。(自己所有地になると固定資産税を支払う必要があることも考慮すれば、このまま賃借し続けるほうが金銭的に見れば圧倒的に得です。) 賃貸人とはそれなりの付き合いもあるので、単純に損得勘定で動くというわけではないのですが、この場合の売買価格というのはどのように決定すればいいでしょうか? 賃貸人も私もこの売買契約で得をする気は無いという考えは合致しているので、お互いに公平な取引になるように決めたいと思っています。 ちなみに、固定資産税評価額が約200万円・固定資産税課税標準額が約130万円、国税庁の財産評価基準書に記載されているこの土地の借地権割合は30%です。 現在、年額2万5千円で賃借しています。 また、登録免許税の負担は折半でいいでしょうか? 取引慣行としては買主が負担する場合も多いようですが、法律上は売主・買主が連帯して負担するとの規定があることと、互いに損得が生じないように公平に処理したいので。 登記に関しては、司法書士は挟まず当事者のみで行うつもりです。
法律上弁済の費用は原則債務者が負担します、なので所有移転費用は本来は売主が負担します。 慣習では登記を受ける事の利益が大きいので買主負担で行われてるだけです。 折半なのは課税文章である売買契約書に貼付ける収入印紙です。 間違わないように。

関連語

  1. ウェブデザイン情報局>
  2. カテゴリ5>
  3. 武蔵浦和 賃貸